節約生活の一番のポイントは・・。

毎月お給料の明細を貰ったら、何にどれだけ使うかを配分します。
当初の予算訳は、少し厳しめに設定します。
余ったお金は貯金したり、貯金だけじゃつまらないから時には遊びに使ったりしようって、机上ではいいプランが出来上がるのですが、現実生活してみて、その通りにはまず行きません。
気が付けば万札がどんどん崩され、千円札になったらもうあっという間になくなっていますね。

生活費だけで無くなるのならまだマシですが、予定外の出費がかさむと困ります。
一番困るのは病気です。

ちょっと熱がある、咳が出る位なら市販の薬を飲んで寝ておくのですが、それが出来ない病気にかかることもあります。
年齢的にも色々と体にガタがきているので、整骨院にかかったり、婦人科にかかったりすることも増えました。
自分で何とかなる病気ではありませんから、出費も仕方ない所です。

でも病院にかかると家計はマイナスです。
一度きりの通院で済めばいいですが、大体は数回通院する羽目になるので・・。
病気をしない健康な体、これが節約への一番のポイントかもしれません。

楽してお金を儲けたい

お金が欲しいというのは、お金という概念ができてからずっと言われてるものかと思います。
悟ってしまえばそんな欲にとらわれずに済むのでしょうが、俗世にどっぷり、煩悩だらけの私はその欲にがっちりからめとられてます。

「楽してお金を儲けたい」そう思って手を出したのがFX、外貨取引ですね。
冬のボーナス40万円ちょっとを全部投資に回しました。

最初はよかったんです。
2週間程度で40万円が120万円に。
思い付きと勘だけの取引で、10分ちょっとで1万円儲かるとかざらだったんです。

そこで止めといて、元金の40万円は取引口座に残しといて、純利益の80万円を出金しとけばよかったんですけど、手元にお金があればある分だけ投資に回してしまいました。

その結果120万円は60万円になり、20万円になり気付いた時には5万円。
茫然自失です。
「ここまで下がったんだから、さすがにもうこれ以上は下がらないだろう」こう思う気持ちがダメですね。
そう思っていきつく先がさっき書いたとおりなんで。

「お金を楽して儲けたい」そう思った結果が、手元に何も残らず35万円がどっかに行くというものでした。
やっぱりお金は苦労して稼がないとダメなんですね。

考えや行動を改めることで、お金の悩みは解決できる

毎日の食費や生活費など、自立した生活を送る上でお金は必ず必要です。
しかし、失業により収入源を失ったり、非正規雇用により正社員と同じ働きをしているにも関わらず低所得という事があります。
良い就職先を探すため転職を考えたり、仕事終わりにアルバイトや副業をしている人も多くいます。

しかし、お金がないと悩む前に、自分自身の考えや行動を見直す必要があります。
なぜ低所得なのか、なぜ良い仕事が見つからないのか?景気が悪い、低学歴だから仕方ない、と諦める前に、まずは自分の考えを改めることです。
最近では通信教育で資格取得を目指し、良い就職先を探そうとしている人も多くいます。

しかし、これでは平均的、または平均以下の収入しか得られません。
お金の悩みを解決するには「人が持っていない特殊なスキル」を持つ、ということが必要です。
何か他人に自慢できるようなことがあれば、その能力+アルファが必要です。
その「+アルファ」を持つことにより、人を魅力的に感じさせ、お金を引き寄せるのです。